男女別・性病の種類と特徴

性感染症(いわゆる性病)は性交渉により感染する病気です。
しかし、感染しやすい性交渉というものが存在します。
男女別・性病の種類と特徴、感染経路などを確認しておきましょう。

日本で一番感染者数が多いと言われているのがクラミジアです。
様々な感染経路で感染します。
オーラルセックス・セックス・アナルセックスと多岐に渡っています。
男性は排尿時に痛みを感じたり尿道から膿が出ます。
女性はおりものの量が増え、不正出血があります。

風俗でとくにオーラルセックスによって感染する人が多いのが淋菌感染症です。
しかし感染経路は様々です。
男性の感染者数が多く、症状は男女ともクラミジアと似ています。

口唇ヘルペスが性器に感染してしまうものが性器ヘルペスです。
セックスやアナルセックスでも感染します。
特徴は、感染すると正規に赤い湿疹ができます。
強い痛みがあります。
薬で症状が治まりますが、ヘルペスウィルスは死滅させることが出来ないため再発しないように心がけることが必要です。

性器カンジダ症は性交渉により感染しますが、それ以外にも免疫力が低下することで自分の持っているカンジダ菌に自己感染することがある珍しい性病で特に女性は自己感染しやすいと言われています。
カンジダ男性の特徴は亀頭がかゆくなり赤みを帯び、白いカスのようなものが出るようになります。
女性はヨーグルトのようなおりものが出るのが特徴で、多くの場合痒みを伴います。
カンジダに関してもヘルペスと同様に体内に入ったカンジダ菌を死滅させることが出来ません。
しかし、医療機関から処方されるエンペシドクリームなどの外用薬を用いることによって症状を抑えることができます。
特にエンペシドクリームはカンジダに有効です。

▼男女共感染率の高い性病にオススメです
通販で人気の性病治薬バルトレックス500mg

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme