11月 10, 2015

カンジダは非常にポピュラーな感染症であり、カンジダを発症したことがあるというような人は日本の全国にいるものです。 しかし性感染症としての側面が非常に強く知られているということもあってカンジダと疑われるようであっても検診を受けるまで時間がかかってしまったり、検診自体が恥ずかしくて受けられないという人も多いことでしょう。 そうした際には「尿検査でカンジダの検診は出来ないか」という疑問を抱くことも当然のことです。 では尿検査でカンジダ感染の有無はわかるのかというと、これはまず男性の場合は尿検査で確認できることもあります。 尿検査だけで不足しているというような場合には陰茎の表面を麺棒で擦ってからの培養検査を行うこともありますが、多くの場合は尿を確認するだけで問題無く判別が出来るでしょう。 ただ女性の場合はどうかというと少々難しく、尿検査だけで出来ることもありますが多くの場合は膣分泌物を綿棒で採取しての培養検査になりますから、妊娠中や生理中はカンジダ検診を受けることは難しいとして考えておく必要があるでしょう。 また女性は膣に綿棒を入れて分泌物を採取するということで恥ずかしさを感じてしまいやすいものですし、そうした気持ちは決しておかしいことではありません。 ただしかし、カンジダは性感染症であるため感染が疑えるだけの状況にあるのに放置をするということになると、パートナーの男性にも感染を広げてしまう可能性があります。 コンドームを使えば性器への感染は防げる可能性が高いですが、オーラルセックスを行うのであれば感染確率は非常に高いでしょう。 男女両方が感染してしまうと同時に治療を進行しなくてはならず、費用も時間も余計にかかることになってしまいます。 こうしたことはもちろん男性にも言えるのですが、もしカンジダの感染が疑わしいと感じたのであればなるべく早く病院を受診して検査を受けるようにしましょう。 [...]
Read More »

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme